ねこ俳句

あるいは猫川柳 猫短歌。今日も楽しく一日一句! へたくそなマウス絵付きで毎日更新しているよ。

たった今起こった悲劇

今日の猫短歌

大惨事 床にお米をぶちまけた

拾ってみたが 猫毛まみれだ

f:id:kowakawa:20140612013815p:plain

お米ストッカーにしているフタ付きのホーロー缶に、

袋のお米を入れるのに失敗しての大惨事。

三合ぶんくらいはこぼれちゃった。

 

ざるに集めて、目視で猫毛をつまんで捨てたのだけど。

白い毛が多いから、見えないこと、見えないこと!

たぶんまだ、10本以上紛れ込んでる!

どうやって食べるかコレ?

水洗いしたら、ますます細かい猫毛がお米に張り付いちゃいそうなんだけど……

 とりえあず、現実逃避で猫短歌を吟じてみるのです。

 

追記 二次災害!

猫短歌なんて書いてたら、集めたお米を猫が踏んでるー!

掃除してると必ず寄ってきて毛を撒き散らす子よ……。

 

昨日の一句はこちら→ 鎌倉のあじさい見に行きたいな - ねこ俳句

広告を非表示にする