ねこ俳句

あるいは猫川柳 猫短歌。今日も楽しく一日一句! へたくそなマウス絵付きで毎日更新しているよ。

あの頃

今日の猫短歌

こいのぼり あの目が怖いと 姉 怯(おび)え

わたしは猫と 本気で喧嘩(けんか)

f:id:kowakawa:20140505002111p:plain

姉には、こいのぼりの虚ろな瞳が異空間への入り口か何かに見えていたみたい。そんなものが空のあちらこちらに何匹もたなびいているのだから、本気でビビッて涙目に。

そして当時、家で飼っていたオス猫は、わたしをちょっと馬鹿にしていた。

わたしが家族の、いや、世界の誰よりいちばんに、あんたを愛していたのにさ。

――今では遠い遠い「こどもの日」のおはなしです。

 

ところで猫が手に持っているのは

「鯛焼き」でなく「鯉焼き」だということにさせてください。

 

昨日の一句はこちら→ 一応がんばったんだ

広告を非表示にする