ねこ俳句

あるいは猫川柳 猫短歌。今日も楽しく一日一句! へたくそなマウス絵付きで毎日更新しているよ。

他に何を望むだろう

今日の猫俳句

猫がいて 苺があって 君がいて

f:id:kowakawa:20140503000132g:plain

 

苺って、今では一年中売られているから、

この時期の季語なんだってイメージが薄いね。

でも、昔の日本には、そもそも苺ってなかっただろうし

いつから五月の季語として定着したのかなあ。

 

昨日の一句はこちら→ 二晩連続でゴーヤチャンプルー食べた

 

 

広告を非表示にする