ねこ俳句

あるいは猫川柳 猫短歌。今日も楽しく一日一句! へたくそなマウス絵付きで毎日更新しているよ。

おっさんやで

今日の一句 日陰追い 寝そべる野良の しょぼい顔 昨日の一句はこちら→ 梅雨になったとたん雨が降らなくなったような - ねこ俳句

梅雨になったとたん雨が降らなくなったような

今日の一句 暑い日は 猫が知ってる 風の道 昨日の一句はこちら→ これも幸せなのね - ねこ俳句

これも幸せなのね

今日の一句 やさしくも ざらりと痛い 猫の舌 うーん。マンガっぽい絵にすると、 俳句とか川柳には似合わないんだな。 一昨日の一首はこちら→ 気まぐれ - ねこ俳句

気まぐれ

今日の猫短歌 膝にのる 猫を邪魔だと 下に置き さみしくなると また膝にのせ 昨日の一首はこちら→ たった今起こった悲劇 - ねこ俳句

たった今起こった悲劇

今日の猫短歌 大惨事 床にお米をぶちまけた 拾ってみたが 猫毛まみれだ お米ストッカーにしているフタ付きのホーロー缶に、 袋のお米を入れるのに失敗しての大惨事。 三合ぶんくらいはこぼれちゃった。 ざるに集めて、目視で猫毛をつまんで捨てたのだけど。 …

鎌倉のあじさい見に行きたいな

今日の猫俳句 紫陽花の 下で仔猫が かくれんぼ 昨日の一句はこちら→ くだらないことほど集中 - ねこ俳句

くだらないことほど集中

今日の猫川柳 猫ブラシ 楊枝で掃除 時を駆け 猫ブラシの根元のほうに溜まってしまう猫毛をですね。 爪楊枝でほじほじと掻き出す作業を始めますと。 すごい集中力が発揮され、いつの間にか夢中になっていて、 あっという間に時間が経ってしまうという、 「そ…

雨上がる

今日の猫俳句 葛餅の こぼれた きな粉 猫が踏み 昨日の一句はこちら→ 四日連続ひと時も止まず - ねこ俳句

四日連続ひと時も止まず

今日の一句 梅雨時間 猫とふたりで 持て余し 昨日の一句はこちら→ 空が壊れたように雨が降ってます - ねこ俳句

空が壊れたように雨が降ってます

今日の猫川柳 うぉあぉと 変な声だし 蛾をいじめ いじめるんじゃありません! その蛾は君が開けた網戸の穴から入ってきたんだ。 昨日の一句はこちら→ 梅雨入りしたっ! - ねこ俳句

梅雨入りしたっ!

今日の一句 朝方に 腕の重みで 目が覚める いやあ、もう。 パソコンの調子が悪いのか。 はてなの「絵を描く」機能がおかしいのか。 フリーズしては消え、を何度か繰り返して二日ほど更新できなかったよー。 なんで、今日は負荷の低そうな絵にしてみました。 …

そして私がカラス追う

今日の一句 すずめ追う 仔猫の姿 カラス追う 毎回、下描きなし、描き直しなしの一発勝負なんだけど。 描いてる途中で、必ずお絵かき機能の一部が固まって、ペンツールが選択できなくなっちゃうんだよねえ。せめてゴミみたいに付いちゃった白いポッチは重ね描…

少しずつマウス癖が掴めてきたような

今日の猫短歌 落ち牡丹 拾い集めてレジ袋 猫がさっそく 首を突っ込む 昨日の一句はこちら→ 風のように、匂いのように - ねこ俳句

風のように、匂いのように

今日の一句 何気ない 日常のなか 猫がある マウスの何が難しいって、まっすぐな線が引けないことだ。 昨日の一句はこちら→ もう自分に完成度は問わない - ねこ俳句

もう自分に完成度は問わない

今日の猫俳句 夏の月 猫の集会 音も無く 俳句も絵も、うまくいったとか、失敗したとか考えることを放棄。 続けることに意味がある。 いや、ホントは続けることも無意味。 だけどわたしは無意味を極めることに悦びを求めたい。 昨日の一句はこちら→ 猫あるあ…

猫あるある

今日の猫短歌 うっかりと 黒いTシャツ 着たままに 猫抱きしめて 毛まみれトホホ 昨日の一句はこちら→ もう猫俳句なんだかマウス絵俳句なんだか - ねこ俳句

もう猫俳句なんだかマウス絵俳句なんだか

今日の猫俳句 葉桜の 幹よじ登る おびえ猫 昨日の一句はこちら→ 虫たちが活躍する季節になってまいりました - ねこ俳句

虫たちが活躍する季節になってまいりました

今日の猫俳句 虫が飛ぶ 網戸の穴に 猫恨む 昨日の一句はこちら→ 君がいるから寝てしまうんだ - ねこ俳句

君がいるから寝てしまうんだ

今日の一句 猫という 眠り薬で 夢うつつ まあ、原因は「添い寝を迫る猫」だけでもないんでしょうが、 近頃、眠くて眠くて眠くて……。 パキッと覚醒した頭で猫俳句を詠めなくて無念です。 一昨日の一句はこちら→ 太陽の消えた町 - ねこ俳句

太陽の消えた町

今日の一句 ここんとこ 寒すぎだよと 猫も言う うちの猫はホントに「寒いっ」とか「イヤっ」とか 不平不満のコトバは日本語で言う。 昨日の一句はこちら→ 五月冷えという言葉がほしい - ねこ俳句

五月冷えという言葉がほしい

今日の猫俳句 雨続き 一枚羽織り 猫を抱く まだ「梅雨入り」の声をきかないから、「梅雨冷え」と呼ぶに呼べない。 季語にも「梅雨」を使えない。 しかし連日雨は降る。 そして色を塗れば上手に見えるかと思って塗ったら、 オカルトな絵になってしまった……。 …

鼻炎?

今日の猫俳句 草笛の ような寝息を 猫が立て 五月の季語で「天道虫だまし」というものを知ったのだけど、 五文字でも七文字でもない。 どのような側面で使うんだろう? 昨日の一句はこちら→ 俳句がどうこうより重大な問題が - ねこ俳句

俳句がどうこうより重大な問題が

今日の猫 俳句 顔洗う 猫に訊ねる 梅雨入りか 猫が耳の後ろまで洗うと雨という言い伝えがあるんだけど…… ダメです! まだ顔面が描けるほどには マウス慣れしてません! やはり、もはやベジェ曲線に頼るしかないのか…… いや、まだマウスでがんばってみる! 昨…

うつらうつら

今日の一句 気だるい日 猫もソファーで 丸くなる ごく軽く熱っぽくて、ついつい横になってうとうとしている今日この頃。 猫も空気を呼んだか、おとなしくしてくれてる。 といっても、体調不良と呼ぶのは大袈裟。 「なんか億劫?」「微妙にだるい?」というレ…

毎回思うのだけど俳句や短歌にタイトルをつけるのって難しいし意味がない感じだよ

今日の一首 藤棚の下で弁当 食べながら 遠くを歩く 猫を目で追う 昨日の一首はこちら→ カレー最強伝説 - ねこ俳句

カレー最強伝説

今日の猫短歌 風薫る カレーも香る 夕暮れの 小道を歩く 顔見知り猫 若いお父さんが小さい男の子と自転車二人乗りしててね、 「カレーのいいにおいだなあ、今日はカレーにしよっか?」 って言いながら通り過ぎていった。 今度は小学生くらいの女の子とお母さ…

雨降ったり止んだり

今日の猫俳句 青嵐 物憂げな猫 顔を舐(な)め 一昨日の一句はこちら→ 猫も夏毛に衣替え - ねこ俳句

猫も夏毛に衣替え

今日の一句 部屋を舞う 猫の抜け毛で 季節知る 昨日の一句はこちら→ こら、油足で踏まない。 - ねこ俳句

こら、油足で踏まない。

今日の一句 猫だって ネットがしたい 日もあるさ gggggggggggggggggggggggggggggggghh キーボードを踏んで暗号めいた文字列を作る 昨日の一句はこちら→ はやくお家に帰ろう - ねこ俳句

はやくお家に帰ろう

今日の一句 お出かけだ 泥棒猫を 留守番に 昨日の一句はこちら→ 猫の町

猫の町

今日の一句 どの家も 猫の額に 鉢ならべ 花盛りの下 行き交うよ野良 昨日の一句はこちら→ ひどい……

ひどい……

今日の猫俳句 あの角を 曲がったところに 猫屋敷 ちょっと告白するのに勇気がいりますが わたし、イラストを仕事にしていた時期もあったんだ……。 くそっ。手書きならもっとっ! いや、せめてタブレットがあれば、もうちょっとはどうにか……。 一昨日の一句は…

わが町は猫天国

今日の一句 コンビニの 往復で会う 猫五匹 昨日の一首はこちら → ねこ、時が止まる瞬間

ねこ、時が止まる瞬間

今日の猫短歌 道ばたで 見知らぬ猫と 鉢合わせ 驚く瞳 瞬きもせず すっかり短歌が好きになってきた。 昨日の一句はこちら→ マウスでネコ絵、ちょっと上達?

マウスでネコ絵、ちょっと上達?

今日の猫一句 雨上がり 猫の背中に 射す夕陽 昨日の一句はこちら→ 思い出すんじゃなかった

思い出すんじゃなかった

今日の猫川柳 赤ブタと 家族が呼んだ オス猫を 失ったのはちょうど、今頃の季節だった。 思い出すと、今でもオートマチックに涙がこぼれるなんて。迂闊だった。 わたしは内田百閒か。 ここは、ただ穏やかに俳句を楽しみ、 楽しんでもらえるブログを目指して…

あの頃

今日の猫短歌 こいのぼり あの目が怖いと 姉 怯(おび)え わたしは猫と 本気で喧嘩(けんか) 姉には、こいのぼりの虚ろな瞳が異空間への入り口か何かに見えていたみたい。そんなものが空のあちらこちらに何匹もたなびいているのだから、本気でビビッて涙目…

一応がんばったんだ

今日の猫川柳 夕闇に 光るふたつの 金の色 ええと……このブログについている「絵を描く」の機能を使って マウスでよろよろしながら描いてみたんですけど…… キャッツアイのつもりなんです……。 昨日の一句はこちら→ 他に何を望むだろう

他に何を望むだろう

今日の猫俳句 猫がいて 苺があって 君がいて 苺って、今では一年中売られているから、 この時期の季語なんだってイメージが薄いね。 でも、昔の日本には、そもそも苺ってなかっただろうし いつから五月の季語として定着したのかなあ。 昨日の一句はこちら→ …

二晩連続でゴーヤチャンプルー食べた

今日の猫俳句 幸せは 猫のかたちで 傍らに 昨日の一首はこちら→ 今日で春(の季語)はおしまい。

今日で春(の季語)はおしまい。

今日は短歌 雨風に 流されていく 春惜しむ 猫は無言で 雨音を聴く 昨日の一句はこちら→ お陰さまで一ヵ月

お陰さまで一ヵ月

出来栄えは、まあアレだけど、猫の俳句・川柳が30作を越えました。 単純にうれしいです。 本日は「一ヵ月がんばれたよ(途中1回さぼったけど)記念」に、 没作を一句ご紹介します。 今月のボツ一句 我が猫が はみがきしてる 夢を見た うちの猫、右上の奥歯…

「ドンマイ」を日本語だと思っていた日もあった

今日の猫俳句 五部咲きの ツツジの下に かくれ猫 なんかピッタリのイラストみつからなかったし。もうクマでいい。ドンマイ。 昨日の一句はこちら→ 地球は猫の広大なトイレ

地球は猫の広大なトイレ

今日の猫俳句 春風に ノラの残り香 水を撒(ま)く おおい、ふてぶてしい歩き方をするサバ虎や。こっそり用を足しに来たってわかるんだぞっ。すっごく臭っっさいもん! 昨日の一句はこちら→ 傘も屋根もいらない

傘も屋根もいらない

今日の一句 野良猫のように幸せ 我 生きる 昨日の一句はこちら→ 我が家だけの現象だろうか

我が家だけの現象だろうか

今日の猫俳句 テーブルに 梅の紋様(もんよう) あぶら足 ローテーブルにびっしりと猫の足跡がついてしまっていて、拭いても拭いても消えないんです。日にかざすと、うっすらと梅花模様。 たぶん猫の足の裏は皮脂があって、歩いたことにしばら気付かずに年代…

くり返し、くり返し、

今日の川柳 日が昇り 猫と戯れ 日が沈み 昨日の一句はこちら→ 会心作! 題して「君の気配」

会心作! 題して「君の気配」

今日の猫川柳 とれた爪 ぬけ落ちたヒゲ 吐いた跡(あと) 「切れ」を3つ入れる、ハイレベル俳句ができたぞ!……と思いきや、季語が無いよ。川柳だった。惜しい。でも、猫と暮らすひとなら絶対「あるある」って言ってくれそうな自信作。 昨日の一句はこちら→ …

このまま梅雨入りしそうに日々しとしと

今日の一句 雨降り子猫ちゃん何見てはしゃぐ 昨日の一句はこちら→ 伊豆に猫はいなかった

伊豆に猫はいなかった

今日の一句 花吹雪 猫が恋しい 旅の空 道中、山桜が見事で、トンネルを抜けたら目の前をぶわっと花吹雪が舞ったのがすばらしかったよ。 だけど、まったく、これっぽっちも猫を見かけなかった! 伊豆には猫がいないのだろうか。 で、仕方ないので途中、箱根に…